サイトへ戻る

初めての日本語授業~Makiのクラス~

· インターン,バングラデシュ,日本語教師,海外インターン,オンラインインターン

こんにちは。Venturasで日本語講師インターンをしている真希です。

今回のブログでは、実際にクラスや生徒を担当してみて感じたことを中心によかったことなどについても触れていきたいと思います。

                             ↑会話を中心としたクラスのイントロダクションです。

実際にオンライン授業をして

私はインターンとして参加してから、まだあまり日がたっていません。ですが、すでに日本語教師を一人で任せていただいたり、授業のマテリアルをつくったりと多くのことに挑戦できる機会があります。

現在、私が担当している日本語クラスには5人の生徒がいます。日本語での会話練習を中心に授業を行っているのですが、普段私も中々思いつかないような日本文を考えてくれる生徒が多く、私自身授業を通して新しい発見が多くあります。

また、オンラインで行う授業は、実際に生徒の反応を直接感じることができないため、言いたいことがしっかりと伝わっているのか不安になることもあります。しかし、生徒の皆さんは分からないことがあれば質問してくれますし、毎週行われるMTGで他のインターンの方々と情報共有ができるため、安心して取り組むことができています。

 

ジョインして感じたこと

日本語が母国語の私にとって難しいと感じることは多くありませんが、生徒の皆さんに日本語を教えるという立場になり、その考えが変わりました。日本語を使うことが当たり前になっているからこそ、いざ相手に説明するとなるととても難しく感じます。

自分だけが理解できればいいという訳ではなく、相手にも伝わるように。生徒の皆さんと意思疎通をしながらお互い楽しみながら授業をすることが出来ればいいなと思います。

                    ↑毎回の授業で生徒みんなが楽しみながら学べるようにが1つの目標です。

これから

何事も新しいことを始める前は、不安などあると思います。実際に私もインターンに応募してから、本当にやっていけるのか不安もありました。しかし、生徒の皆さんの日本語を学ぼうとしている姿勢であったり、一緒に支え合っているVenturasの皆さんに日々刺激を受けながら続けていくことができています。

まだまだ始まったばかりですが、これからもVenturasのインターンとして日々頑張っていきたいと思います!

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。