サイトへ戻る

プログラミング未経験者の挑戦

~Meri~

· プログラミング,STEMON,帰国子女,オンラインインターン,大学生インターン

はじめまして!インターン生のメリです。

生まれてから高校生まで、イギリスとインドで暮らしていた経験があり、大学生になって日本へ帰国しました。 

現在、東京都にある大学に通う4年生です。   

VENTURASではプログラミングスクール講師とSNSマーケティングを担当しています。   

よろしくお願いします!  

ハワイ旅行に行った時の写真!

なぜVENTURASでインターンをしようと思ったのか、その経緯

VENTURASでインターンを始めたきっかけは2点あります!   

① 国際交流がしたい

私は長い海外生活を送ってきた経験や、海外旅行を通じてさまざまな人と交流を深められた経験から、その国の文化や宗教の多様性を知ることが好きになりました。 

多くの経験をしてきた中、特に魅力的に感じたのが東南アジアと南アジア諸国です。 

暮らしている現地の人々の性格は明るく、いつも優しさに包まれていて、何より日本の文化や日本人に興味がある人々が自分の想像以上に多く存在しました。   

このような人と将来何らかの形で繋がれる経験を積みたい思いがあり、その一つの手段としてVENTURASのインターンに興味を持ち始めました。   

コロナ禍でもオンライン上で他の国と繋がり、人の役に立てることがこのインターンの最大の魅力だと思いました。   

直接会ってコミュニケーションをとるより、オンライン上で交流を図ることには物足りなさがあるかもしれません。しかし、離れていてもオンラインを通じて新たな発見と、より深い関係性を結ぶことが可能ではないかと感じ、応募を決意しました。   

② 新たな挑戦がしたい

インターンを始める前はプログラミング未経験であれば、教育という分野に深く携わった経験もありませんでした。   

しかし、自身の強みである、苦手なことを克服する力を発揮して、STEMON講師としてプログラミング知識を身につけてみたい思いがありました。   

子どもたちにプログラミングを教えると、自分の理解度も把握することができ、その過程の中でももっといい教え方があるのではないか〜と、模索できます。教え方を学び、学び方を学ぶことで、お互いに教え合い・学び合う文化が成立している気がします。

まだまだ、苦戦しながら授業の予習を行なっていますが、生徒たちの学ぶ意欲を育んで、授業改善に努めていきたいです。   

プログラミングを通してレースゲームを作成している生徒たち!

インターンで挑戦したいこと 

子どもたちともっと触れ合える機会を作りたいので、授業のコマを増やせられるように頑張りたいです!   

現在はまだ自身のプログラミング知識が浅いこともあり、いつも事前に入念な予習を行ってから授業に挑んでいます。確実な準備をしてから子どもたちに教えると、予期せぬ質問を受けてもすぐに対応ができるようになるからです。

生徒から質問が来たら、念入りに予習したレッスンを頭の中で整理し、どのように分かりやすく教えるかをその場で考える必要があるので、事前予習はとても重要です。このような状況に陥ったときは、事前にコードの内容を把握し、自ら授業のお題に挑戦してみてよかったなって感じます。 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。